toggle
dialy
2018-04-03 | dialy

発酵生活

気温があたたくなり、パンも発酵しやすい季節。
母と半分こだけれど、いつも業務用の25㎏のパンの粉を買う我が家。
近年もっぱら発酵しやすくお手軽な酒粕酵母でパンを作っていたけれど、ちょっと気分がのって図書館で借りた本を見ながら、ちゃんと中種を作ってやるやり方でパンを作ってみた。
わお。
お店のカンパーニュみたいに中がもっちりきれいに焼けた。

いつも自己流でなんでも適当にやってしまうので、こういう時、ちゃんと手順を踏むことの大切さが身にしみる。

そして、もう1つ、最近はじめたのが納豆づくり。
納豆づくりキットをもらっていて、ずっと作っていなかったのだけれど、玄ちゃんが納豆を食べるとなると、作ってみる気になったというわけ。
そして、作ってびっくり、思った以上に簡単に美味しくできちゃう納豆!

今年は仁志くんが収穫した大豆があるので、同じ藁苞で続けて何度も納豆づくりを行っている。
自分達で収穫したお米に自分達で作った大豆の納豆・・・
美味しい~とほおばりながら、これって、この上ないごちそうなんじゃないかなーと思った。

今は、作った納豆は昼間は外のハウス。夜は湯たんぽの上で保温中。

それでも、生きている菌さん。
気にかけて、お手間がかかります。パンづくり、納豆作りに加えて、冷蔵庫に玄米で作った豆乳ヨーグルト、お米の発酵水などなど。。。
玄ちゃんだけでも大変なのに、私は自分で自分を忙しくしているんだな・・・と苦笑い。

生きているもの達に追われる日々は、まだまだつ・づ・く

2018-04-01 | dialy

春の記憶

急にあつくなり、こりゃあっという間に桜が咲いて散ってしまうなーと今週は毎日散歩がてら桜を見に出かけた。
ベビーカーをつきながら、昨年はお腹を抱えて、同じく桜の下を散歩していたなあと思うと、恐ろしく早い1年。
あたたかくなり、玄ちゃんもつくしみたいに、どんどん日々成長、進化していっている。

結局私のあれもやらなきゃこれもやらなきゃはすみっちょに置いておかれ、子供に向き合うだけの日々。
だけどこんな時間はきっともうめぐってこないと思うと、ゆっくり味わおうと思う。
ベビーカーを押しながら、今日も大したことはできなかったけれど・・・と思う私に、花々や木々の新芽を眺め、春の新しい息吹をめいいっぱい吸い込んで、エネルギーを充電、充電と言い聞かせる。

桜は何度見ても見飽きない。きれいだなーきれいだなーといつまでも見ていられる。
うちからまあまあ近場で、お気に入りの場所があり、1日置きにたまたま3回行った。

1日目。

2回目。

3回目。もうほとんど散っている。

本当にあっという間の春だなぁ。

2018-03-12 | dialy

伊織さん

今治タオルの伊織さん。
京都店限定のタオルをデザインさせていただいたご縁で、伊織さんのロープウェイ街にある松山店と、道後に新しくできた湯之町店で、sun and snowのものをお取り扱いいただくようになりました。

やはりえひめなので、定番の伊予柑シリーズを納品しました。

久々にいろいろ作った伊予柑シリーズ

湯之町店にはベリーシリーズも

湯之町店はオープンしてもうすぐ1年。
道後温泉から少し商店街に入ったところにあるお店です。伊織さんの商品だけでなく、愛媛や四国のステキなもの(作家さんのものや食品、そして古本も!)が揃っていて、観光客だけでなく地元の私たちにも楽しいラインナップです。2階には、ちょっとしたタオルの浸水実験ができるコーナーがあり、使い心地を実際試すこともできます。

道後、ロープウェイ街へお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

伊織さんホームページ→

2018-03-04 | dialy

春だ!

あたたかい日が増え、春の兆しに心も体もゆるんできた。
いつの間にか梅やももが咲き、景色も少しずつ春色に。

今年の寒さには心が折れそうになっていたので、あったかいってなんていいんだろう!とうれしくなる。
しかし、3月までにやろうと思っていたことは、寒さや納品の仕事を理由に後手後手になり、あっという間に今。
それに加え、玄ちゃんのハイハイ&つかまり立ち&後追いがはじまり、ますます目が離せなくなってきて、自分の時間どころではない。。。

さて、今年の私の仕事始めは、お店への納品。布づくりから縫製まで1人でやっているのだけど、いつもより数量の多い注文に、1ヶ月ほど、まるで1人縫製工場状態だった。

700m巻の糸が終わって、あ、糸を買い足さなくっちゃ と思った時、700mも縫ったのかあ・・・とマラソンでもしているような気分になった。もともと、たんたんとした作業は嫌いではないけれど、前よりも苦に感じない自分に気づいた。
それも、母になり、朝起きてお弁当作って、洗濯、炊事と毎日毎日同じことの繰り返し。たんたんとこなすことは、日常になっているのかな・・・と。それとも、ただ忍耐強くなっただけかな。

日々成長中の玄ちゃんと格闘しながらも、あれもこれもやりたいなー・・・と、春の陽気に乗って、気合いの入る私です。

2018-01-02 | dialy

2018年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

思い返せば2017年は新しい家族を迎え、初めてのことづくしで、自分自身も新しい生活に順応するために、毎日がいっぱいいっぱいだった気がする。そんなこんなであっという間に過ぎ去り、はや2018年。玄ちゃんももうすぐ半年になろうとしている。
毎日がこんなに笑顔で満ちている日々はなかったんじゃないだろうかと思うほど、子供の笑いは皆を笑顔にする。
そして、半年でこんなにも成長をするなんて・・・つい写真をパシャパシャ撮って記憶に焼き付けておきたくなる日々である。

そんな日々においても、私の中の、手を動かしたい欲求はムクムクと膨らみ続ける一方で困ってしまう。
そんな時、この本を手にとって、この自由なアップリケの絵に影響を受け、私もやってみた次第。

引き続き玄ちゃんの成長を見守る日々ですが、sun and snowの活動も少しずつ、形を変えつつ実現していきたいなーと思います。
目標は、アトリエオープン。
いつになるかは、わかりませんが、こつこつ少しずつでも理想の日々へ毎日を積み上げていきたいなと、改めて思う新年です。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

2017-11-10 | dialy

Be Japanese!

たまたま小耳にはさんだ整体師、濱口剛輔先生の講演会。
4時間半も玄ちゃんを父&母に預けっぱなしにするという、チャレンジだったけれど(以外と大丈夫だった!)あー行って良かった!

普段見えないと思っているもの、私たちの意識や心。
それが体、また私たちを取り巻く空間?(宇宙と言ったら良いか?)と呼応している、つながっているのを、ありありと感じさせられた。
「気」の存在。

昔から日本人が大切にしてきた立ち振る舞いは、その良い「気」を通すことに通じているという事実。
また、私は神棚に特別な思いもないし、神社だって初詣に行くくらい。なぜパンパンと手を合わせるのか、何をどう信じ、捉えたらいいのかもわからないという感じだった。だけど、その日の体験を経て、本当に少しだけれど、昔の人達が大切にしてきたことがわかったような、神社の役割というか、見えないものに寄り添い、生きていた昔の人々の神秘を感じたような気がした。

そして、つくづく昔の人々、日本人を尊敬し、私も姿勢を正してそのような日本人でありたいなと思った。

また、昔の人は布を染めたり、織ったり、刺しゅうをしたり、それを薬として使っていたって。身につけるものの「気」。
美しい「気」のあるものに包まれていたいな、と思うと共に、そのようなものづくりをしたいな、とも思った。

心をこめることの大事さを、目に見えないと思っていたけれど、確かにある「気」の存在を知り、何かとてもうれしくなった。

1 2 3 4 5 64