toggle
dialy
2018-07-25 | dialy

作ったもの

明日7月25日(水)から31日(火)まで
日本橋三越本店での「工房からの風から」にセレクションブースで出展しています。

どんなものを作ったのかを少しご紹介します。

手刷りで作るのは、刷るたびに色も替えれるという利点もあり、同じ色を作るのが難しいという難点もあり・・・。いつもだいたい色の組み合わせを決めて刷っているのですが、このストールは、4seasonsとkusamuraという模様にいつもとは違う色を刷ってみました。
そして、一色アクセントカラーを刷毛で塗り込みました。
白地の薄いガーゼに色が映えます。
久々に向かったプリント台。時に、玄ちゃんをおんぶして、フルフルしながらプリントしたというストールです。

ベリーの布。itoshino berryというベタな名前なのですが。
この布は玄ちゃんがお腹の中にいる時に描いた布。この布をお腹の中から見ていたのか、玄ちゃんは、この春、苺狂のように苺をむさぼり食べていました。(今年に限って苺が豊作だった)そして、只今の季節、実家のブルーベリーは玄ちゃん独占。。。


リネンのクロス。時に、何用ですか?なんて尋ねられることがあるのですが、何にでも!です。食器をふく布巾として、日常で使っていただくのもおすすめです。
かごや箱の上にかけて、目隠しにしたり、棚やテーブルの上にちょっと敷いたり、ものを包んだり・・・。


いつものバッグ。デイリーバッグ。
大きなマチなので、たっぶり荷物が入ります。横のボタンを留めると、バッグの形が変わります。


トートバッグ。使えば使うほどいい味になっていくので、リネン地のトートが好きです。

ポーチやガマ口、ハンカチなどの小物類はsun and snowのいろいろな布地で少しずつ作りました。


ポーチの持ち手はいつもいろいろ。
kusamuraやberryの布には私が採ってきた苧麻を編んだもの。tane柄のペンケースには、ジュズダマにしました。spring yellowは編んだ葉っぱ!

いろいろな布を広げていると、あれもこれも作りたい!と制作意欲はむくむくと膨らみますが、育児の合間の制作時間では、なかなかすべては叶いません。ですが、少しずつでも形になっていけばうれしいので、これからもがんばろっと、と思います。

2018-07-18 | dialy

今年の七夕

今年の七夕。
豪雨で恐ろしい雨だった日、玄さんが1才を迎えました。

その後、あのなじみの場所が、こんなことに??と、ニュースやSNSを見て、言葉を失いました。

誕生日をお祝いしながら、風邪で寝込んでいたので、横たわりながら、1年前のお産を思い出しながら・・・ こんな時に被災されている方もいらっしゃっただろうに・・・と想像しては、今の瞬間に感謝して生きようと改めて思わされます。

すっかり赤ちゃんではなくコドモになった玄さん。
子供ってびっくりするくらい遊ぶのが好きなんだな・・・と。
朝から夜寝るまで、遊びたくってたまらない。
好きなものもはっきりしてきて、奇声をあげて喜んだり、指さして叫んだり。(まだしゃべれないので、あれをくれー!と言っているみたい)
食べ物で言うと、赤いもの。
春に食べた苺の影響か、トマト、スイカには目がない。
相変わらずぬいぐるみは大好きだけれど、びっくりするくらい車、乗り物好き。さすが男の子。
楽器好き。太鼓に続き、ピアノを毎日弾き鳴らし、最近はハーモニカ(ブルースハープ)をブカブカするのにはまっているよう。

でも、玄ちゃんの1番好きなものは、きっとシルクの毛布。
気持ちいい素材を肌で知っているのは、すごいなあと思う。
シルクの毛布を見つけると、ずっとスリスリしていて、それがあれば、なんとおっぱいもいらないという・・・。
この間、ふと振り返ると私のシルクのレギンスを布団の上に持ちこんで、ハミハミかじっていたので、さすがだなあ・・・と感心。

私がストール用に、薄いコットンの生地に4seasonsの模様をプリントして持って帰り、広げていたら、すかさず寄ってきて、布の上に顔をうずめ、スリスリ、嬉しそうにしている。私がプリントしていたのを見ていたからか、素材が気持ち良いのか、模様が気に入ったのかはわからないけれど、こんな小さな人に気に入ってもらい、私はちょっと嬉しくなった。(玄ちゃんは、母が着ていたワンピースの模様が気に入らないと、(色かもしれないけれど)抱っこされないくらい、好みがある。)

これがそのストール

工房からの風展、出展用に作りました。模様を染めた横に、1色、色をプラスしてみました。

0歳が終わり1歳。
まだまだ今から始まりなんだな・・・と。
玄ちゃんも母も。
なんとも感慨深い時間でした。

2018-07-15 | dialy

我が家のニュース

実は、、、
この春から
我が家は農家になりました!
仁志くんが仕事を辞め、新規就農したのです。
私は農家の嫁に?!

知り合いに、この話をしていて、「そんな事になるって想像してた?」て聞かれた時、どうかな、、と言いつつ、きっとこうなる事は、私にとっては自然なことで、必然だった気がしました。

仁志くんがある日、役所から帰ってきて、米農家になる人は俺が初めてなんだって、と言う。(ここの地域の新規就農では)
私は、ん? 何言ってんの? ときょとんとした。
だって、我らが主食のお米さん。周りは田んぼだらけ。
米農家になる人がいないなんて・・・。

そのくらい米農家では食べていけないっていうのが今の現状なんだろうな。そしてそんなだから、みんな跡継ぎもいないという。。。

仁志くんは、そんな余ってしまっている農地を引き受け、自然栽培でお米を育てていきます。これから先も、おいしいお米を作って、主食であるお米を担っていきたく思います。詳しくは、ホームページで・・・と言いたいところですが、広報・ホームページ担当の私は、さっぱり何も手をつけていないので、ページができたら、改めてお知らせいたします。

農園名は「うかのわ」といいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

今秋からお米を販売いたしますので、ご興味のある方はどうぞよろしくお願いいたします。

仁志くんと出会う前、これから先は「半農半テキスタイル」かな・・・なんて思っていた時期があったことを思い出しましたが、まさに・・・それ!です。

2018-05-16 | dialy

熊谷さん

風邪っぽくて、やる気も起きないし・・・と思い、久々に、美術館へ行った。(出産して初めてかもしれない!)

前々から見たかった熊谷守一展。

私の良く知っているあの赤い線が際立った、シンプルな絵とは違って、若い頃の闇の絵の展示もあり、熊谷さんの人生を知る興味深い展示だった。

でも何と言っても、私が魅了されるのは色。
色についても、色彩心理や色彩学などにも興味を持ち、科学者のようにいろんな観察や分析を行っていた熊谷さんだからこそ、たどり着いた表現なんだな・・・と。
濁っているような中間色なのに、とても美しい。色の組み合わせ、明度彩度の組み合わせ・・・奥の深い色の世界を自在に操っているかのようで、私は見入ってしまった。

図録から

かたばみにいぬのふぐり


黄菊

展示場を歩き進むと、晩年になるにつれ、線はどんどんシンプルになっていく。
私はついディテールに捉われてしまう。いつか私も年を重ねるとその境地に至る時が来るのだろうか・・・なんて考えながら、久々の美術館を堪能した。(ちなみに玄さんも美術館デビュー。半分寝ていて、半分は起きて動物の絵なんかを見ていた・・・)

2018-05-16 | dialy

母の日

母の日に、母になった記念にと、逆に父と母からバラの鉢植えをもらった。野の花みたいな花が好きな方なので、まさか自分がバラを育てる日が来るとは…と思ったけれど、やっぱりバラの華やかさに嬉しくなった。

母かぁ。まだまだ母になりきれていない、母一年生。子育てに正解はないとは言うけど、たまに育児書をのぞいて、ひゃーやっちゃいけない事やってたゎ…て事がある。実際に、こちらの出方次第で、全く変わったりするから、本当にこわいなぁと思う。親になるってなんて責任重大なんだろう。。とは言え、試行錯誤、今に向き合ってやっていくしかない。

10か月になった玄ちゃん。
このところ玄ちゃんの人見知り&後追いが激しく、私は少々参り気味。
誰にでもにこにこ愛想よしで通っていた玄ちゃんが・・・と思うけれど、人見知りや後追いも成長の過程。
人間、生まれて1年というのは、なんと目まぐるしいことか。
ぐんぐん目に見えて成長をしている。
昨日まで開けられなかった扉を開け、いつの間にかストローで上手にチュウチュウ吸えるようになっていたり、真似をして手遊びができるようになっていたり・・・
すり寄ってきて、頭をスリスリして愛情表現をしたり(お気に入りのクマさんにも)、急にかわいい声でしゃべっているような声を出すようになったり・・・
何でも聞いていて、わかっているので、下手なことは言えない。
「ね、見て、器用に指を使ってパン食べてるねえ」とこっちで話していたら、こんなこともできるよとばかりに、得意の指遊びを披露してくれたりする。
きっとますます面白く、かわいくなっていくんだろうなぁ。

未だにふと振り返って、こんな小さい人がちょこんと座ってることが不思議でしょうがなく思ったりする。

姉が玄ちゃんの半年後に出産し、同学年の従兄弟くんができた。晩婚だった私たちが揃って出産したせいで、父と母は大喜び。
孫の存在というか、小さい人の存在はなんと大きなことか。

庭の草が勢いを増し、暑い空気に取り囲まれると、ああ、もうすぐ1年なんだなぁと思う。

2018-04-03 | dialy

発酵生活

気温があたたくなり、パンも発酵しやすい季節。
母と半分こだけれど、いつも業務用の25㎏のパンの粉を買う我が家。
近年もっぱら発酵しやすくお手軽な酒粕酵母でパンを作っていたけれど、ちょっと気分がのって図書館で借りた本を見ながら、ちゃんと中種を作ってやるやり方でパンを作ってみた。
わお。
お店のカンパーニュみたいに中がもっちりきれいに焼けた。

いつも自己流でなんでも適当にやってしまうので、こういう時、ちゃんと手順を踏むことの大切さが身にしみる。

そして、もう1つ、最近はじめたのが納豆づくり。
納豆づくりキットをもらっていて、ずっと作っていなかったのだけれど、玄ちゃんが納豆を食べるとなると、作ってみる気になったというわけ。
そして、作ってびっくり、思った以上に簡単に美味しくできちゃう納豆!

今年は仁志くんが収穫した大豆があるので、同じ藁苞で続けて何度も納豆づくりを行っている。
自分達で収穫したお米に自分達で作った大豆の納豆・・・
美味しい~とほおばりながら、これって、この上ないごちそうなんじゃないかなーと思った。

今は、作った納豆は昼間は外のハウス。夜は湯たんぽの上で保温中。

それでも、生きている菌さん。
気にかけて、お手間がかかります。パンづくり、納豆作りに加えて、冷蔵庫に玄米で作った豆乳ヨーグルト、お米の発酵水などなど。。。
玄ちゃんだけでも大変なのに、私は自分で自分を忙しくしているんだな・・・と苦笑い。

生きているもの達に追われる日々は、まだまだつ・づ・く

1 2 3 4 5 6 66