toggle
dialy
2009-08-08 | dialy, Sweden life

もうひとつのsとの出会い

 6月、ラップランドへ行った。
行けども行けども 森 森
しばらくたつと、植物が育つ境界線を越えた。そこから先は寒さで植物が育たないのだそう。
森 林 ・・・ 木の集まった文字を頭に思い浮かべていると、不思議となつかしいような気持ちがこみあげた。
森がたまに途切れ、湖が現れる。

そんな景色をあきることもなく、えんえんと眺めて、ついたところはムーミン谷のような山のふもと。
北の方へ来てから、昔の記憶と重なる場面がいくつかあり、なつかしいような喜びと、安堵感を感じていた。きっとその1つには、私が山に囲まれて育ったせいなのだろうと思った。
小さなことだが、ひとつ私の中のルーツを見つけた。
夜ごはんの買い物に出かけると、スーパーの裏でトナカイに出会った。
山に登ると雪の残る山の遠くの方で、トナカイの群れが見えた。
トナカイって。。。
私にとってのトナカイはあのサンタクロースのソリをひくトナカイさん。
有名人にでも会ったような気分である。
幸運なことにサーメ人の人に会う機会があった。
彼女の家の伝統の衣装やサーメの民芸品を見せてもらった。
素材は毛皮やトナカイの皮。細やかな刺繍やアクセントのきいた色使い、とても贅沢でおしゃれなものばかり。色も衣装のパターンもそこの家族(地域)ならではらしい。
肉を食べ、動物の皮や木、木の皮で身の周りのものを作る。
(今ではそんな直接的な生活ではないが)
すべてプロダクト化された日本にいた私は、このシンプルなそして堂々とした‘生’に、はっとした。

この自然の中で 自然の持つ清らかなエネルギーを感じる。
自然から学ぶこと、感じること、刺激されること感動することが、このインターネットにあふれる情報とは比べ物にならないくらいいっぱいあるんだと気づき、すべてのあらゆるものはこの自然から生まれていたんだと感じた。
この森、skogen (スウェーデン語で森という意味)の中
満ち足りた時間を過ごした。

昔、サーメ人の人達が使っていた家

トナカイさん達

2009-08-04 | dialy, trip

スマイリー

 こんな教会が見守っている町は、幸せに違いない。

にっこり!

TjörnのSkärhamnにて

2009-08-02 | dialy, Sweden life

レモンスクイーザー

イライラしたり ストレスがたまってるなあと思うとき
1つ それを溶かす方法を持っておくとよい。
もちろん1つの方法ではだめで次の方法を試みなければならないことは多々ありなのだが・・・
私の場合
レモンが特産のイタリア、アマルフィで買ったちっちゃなレモンの形をした陶器製のレモンスクイーザーでレモンをたっぷりしぼり はちみつレモンを飲んで ほーと一息つくことが1つの方法。
なんと単純なことか。
暮らしを少し豊かにするのは案外身近にあるちいちゃなもの達。
私の場合そのものを手にした思い出も含まれているが、やはりデザインと機能!
今日こんなものを見つけた

これ、すべて レモンスクイーザー!!
いくつあるのかわからないけど、メタル、木、ガラス、陶器にプラスチック。様々な形や色。
レモンをしぼるという1つの行為にこんなにもバリエーションが・・・


私も1つメタルの鳥さんを持っていたが、これは最後までしぼりきれないという欠点があり、キッチンの置き物になってしまった。

こんな木のおしゃれなものは初めて見た。このパッケージから取り出しレモンを搾ると、それだけで優越感に浸れそうだ。

小さいレモンを搾るさまざまな形、デザイン
これらは人々の暮らしに喜びを与えているにちがいない。

 

2009-07-29 | dialy, Sweden life

白いものへの憧れ

 好きな色は年代やその時々で変化する。
ここ数年定番で好きな色の一つは 白。
よごれていく白 あの雪と同じ色の白。
ハイビスカスの鮮やかなピンクや菜の花の明るい黄色のような色ではないけれど しろいろ はなんだかかわいい。
 
無意識に、白いものに惹かれている気がする。
植物採集中にも、おっと目が止まるものに、必ず白い花は入っている。

この白い花
 
かわいすぎる

2009-07-27 | dialy, Sweden life

世界遺産へ散歩




 こんなにも 何もない土地に感動するのは 私が小さな島国日本出身だからなのだろうか。
360度見渡す限り あるものと言えば 自然の植物、動物 そして人間の私ぽっち。
あーっと叫んでみた。
大声出すことなんてないからなんかへんな感じだ。
鳥が足もとの茂みからびっくりしたように飛び出した。
すごく遠くの方から犬が私の声に返事をくれた。
人間が住んでいる世界ではなくて、自然の中に人間もいる世界。
ん? 何か気になって足をとめると

人間の足跡じゃない・・・
馬?牛?そしてちいちゃいのはうさぎさんかな?
お気に入りの大きな石の上で大の字に寝っころがって地平線を眺めると、世界も私と一緒に横になっていた。

2009-07-26 | dialy, Sweden life

魔法の時間

エーランド島の風は手ごわい。
風の具合を気にしつつ自転車で出かけるかどうかを検討するが、たいてい風は吹いている。
今日も向かい風に立ち向かいつつ、立ちこぎで自転車をこいでいた。
疲れて、ふうーっと力を抜いた時、落ちかかった日差しに輝くフィールドが目に映った。
しばらくその不思議な綿毛のようなフワフワがキラキラしているのを眺めていた。
妖精が住んでいるかのようなやわらかい小さな世界。

自然の壮大さには、毎度ながら想像を超えて驚く。
クモが作った魔法のフィールド。

1 57 58 59 60 61 62 63 64 65 67